アスベストの危険性や調査する際の業者選びについて

アスベストはかつて、夢の素材と呼ばれるほど高い評価を受けた鉱物です。軽量で加工が容易な他、不燃性があることから様々な場で多用されていました。建築の分野も例外ではなく、断熱材として多くの建造物に用いられていたのは紛れもない事実です。一方でアスベストは人体に深刻な悪影響をもたらすことから、平成18年には製造や使用、所持の一切が禁止されました。

アスベストそのものは無毒ですが、飛散する埃が針のように鋭い形状なので肺の細胞が傷つきます。何度も細胞が傷つくことによって肺癌などの疾患に見舞われる健康被害が増大し、夢の素材は危険な素材と認識が変わりました。しかし、平成18年以前の建造物には当たり前のようにアスベストが使われていたことから、リフォームや解体を行う際には事前の調査は必須です。埃の吸引がもたらす健康被害は誰の身にも起こりうるトラブルなので他人事ではありません。

埃は非常に軽く、広範囲に飛散するのが危険視される理由です。含有の有無を問わず調査結果の報告が義務づけられているので、信頼できる優良な調査会社を選ぶ必要があります。アスベスト調査に関する資格を持つ技術者が常駐する会社を選ぶのが賢明ですが、費用は会社によって異なるので安易な即決は厳禁です。調査費用は建造物の築年数や部屋数などの要因で変動します。

また、緻密な作業になるほど金額も高額化する傾向にあるので、建造物の用途や予算に応じて会社を選ぶように心がけます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*